受動態

Daniel Yangの読書日記

No. 636 何が「いただく」ぢゃ! / 姫野カオルコ 著 を読みました。

何が「いただく」ぢゃ!

何が「いただく」ぢゃ!

 
アジの刺身のうまい食べ方から
ロンパールームの牛乳の謎まで、
食のあれこれを
”ヒメノ式”で斬る!

食の雑誌『dancyu』の連載をまとめた異色の食エッセイ
  帯を転記  
「好きなものの魅力を伝えたい」という意思が伝わってきます。
食事の話題が苦手な僕も楽しく読みました。
 
第一話「ふきのとう」で、ふきのとうの調理法と、一緒に食べるものをあれこれ考えながら紹介し、本書が高価な珍味を扱うものではないことを明確にしています。
第二話「生八ッ橋とロドルフ殿下」で、身近な、普段口にするものを「いかに食べるか、いかに飲むか」の切り口で様々な読者に伝わるよう、工夫しているかが伝わります。
第三話「なにが「いただく」ぢゃ!」で、タイトルの趣旨が解ります。
平素ネットでの批判や、糾弾形のニュースばかり目にして疲労が溜まっていたところ、こんな語り口調の一冊が、オアシスのように感じられて、心地が良かったです。
 
僕の持論ですが、受容的な趣味(飲む食べる、見る、読む、聞くなど)の観客としてのレベルは三段階あると思います。
 
興味が無いところから、先ず一つ階段を上ったところにあるのが
「批評ができるようになる。」
簡単に言うと、けちを付けることができる初心者の段階です。
批判するのは結構簡単で、初心者でもテキトーなことを言って第一段階に到達します。
 
次の段階は「解説を聞いて、楽しみが増える」段階です。
親切な解説や、アドバイスを聞いて、楽しみ方が増えていき、奥深さが解っていく段階です。
友人や恋人の趣味にあわせて、自分の趣味をふやしていこうと言うときには、この段階に到達しやすいと思います。
絵画鑑賞とか、俳句とか、僕にとって敷居が高く感じられる分野に踏み込もうと思ったときに、親切に魅力を語る人がいると、この趣味の世界に入っていけるような気がします
 
とりあえずの趣味の到達点として第三段階は
「誰かが「いい」と言わなくても、自分が「これが好き」と言える段階」
だと思います。
ここまで来ると、自ら「もっと良いものを探そう」と、独自に追求することができるようになります。
また、ここまで来ると、ネットでディスられている作品や、家族が毛嫌いする食べ物なども、気にせず楽しむことができるようになります。
 
本書(何が「いただく」ぢゃ!)は、食べること、飲むことを趣味とした場合のレベル2の人にとって良い手引き書になると思います。
本書の後半では、もうすこし突っ込んでレベル3同士で「これ、良いよ」「お宅のそれも良いけれど、僕のこれもすごいよ」と言い合うレベルまで網羅しているように感じます。
 
僕は「食」に関しては、レベル1未満(話題にすることがない)なのですが、
好きな人が、その魅力を語る」本書は楽しく読むことができました。
これは、同じ著者の2011年のエッセイ集「ああ、懐かしの少女漫画」講談社文庫2011/10/14)
ああ、懐かしの少女漫画 (講談社文庫)

ああ、懐かしの少女漫画 (講談社文庫)

 
でも楽しかった内容です。僕が読んだ少女漫画が一作品もなかったのに、その魅力を語るこのエッセイ集は不思議ととても面白く読了しました。
僕も、僕が好きでたまらないものを、こんなふうに人に伝えられたら良いな。
家族や知人との会話で(何かをけなして盛り上がるのではなく)好きなものの魅力を語って盛り上がりたいな。と思いました。
2019年 9月 4日
No. 636