読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受動態

Daniel Yangの読書日記

No. 510 ロードムービー/辻村深月 著 を読みました。

僕が読んだのは単行本。

ロードムービー

ロードムービー

 
その後、講談社ノベルスに収録され
ロードムービー (講談社ノベルス)

ロードムービー (講談社ノベルス)

 
文庫化され
ロードムービー (講談社文庫)

ロードムービー (講談社文庫)

 
文庫版がKindle化され、
ロードムービー (講談社文庫)

ロードムービー (講談社文庫)

 
講談社青い鳥文庫にも収録された模様です。
ロードムービー (講談社青い鳥文庫)

ロードムービー (講談社青い鳥文庫)

 

 収録作品が違っているようですが、

僕は(今のところ)単行本だけしか読んでませんm(v_v)m

『冷たい校舎の時は止まる』講談社文庫2007/08/10)
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

 
から生まれた短編集。誰もが抱える不安、悩み、苦しさに向き合う小学生と中学生、彼らを見守る大人の物語。
読者である僕自身の子ども時代の心像をリアルに思い出させる心理描写、僕が彼らを見守る立場である「大人」にふさわしいのかどうかを考えさせられる二面性、トリッキーなストーリー展開など、著者の持ち味は短編集でもそのまま生きています。「冷たい校舎の……」との関係は、読み終わってから、じっくり考える楽しみとしてとっておきましょう。みんな、幸せになろうね。
ロードムービー小説現代特別集「esora」vol.5、2008/08)
子分のワタルを伴って家出をするトシ。
友達を思う気持ちと、それを実現する行動力を併せ持ったトシにたくましさを感じました。
「道の先」小説現代特別集「esora」vol.5、2008/08)
学習塾で同級生の中心人物である大宮千晶。中三。
僕がたまに見る学園ものTVドラマでは、悪役として登場する理不尽なクラスの「顔役」に対する一般生徒の工夫、などが頻繁に描かれているように感じますが、この一遍は、ズバリ「顔役」の葛藤と、彼女を救う大学生のアルバイト講師が描かれています。人の上に立つ立場の人は「孤独」を背負いますが、学校や学習塾などの狭い社会でも「顔役」は同様に孤独なのですね。企業のトップなら、その孤独を一人で背負う必要がありますが、子どもにとってはその苦労をサポートしてくれる大人がいると救いになりますね。サポートしてくれる大人がいなければ、子どもでも一人で困難を乗り切り、それなりの成長を遂げるストーリーも考えられますが、この一遍のように、「ありがたい大人」がいるストーリーも良いですね。あ、これは、僕が人生で何度かあったピンチに於いて、切に「誰かに助けてほしい」と願ったときに、助けが現れず、自分でどうにかするしかなかった悔しさからくる感想です。同じ立場にいる子どもが、この本を読んで、さらに僕のこのサイトの感想文を読んでいるのだとしたら、「この小説のように、『大丈夫だ』と言ってくれる大人が居なくても、大丈夫なんだよ。」と僕が言ってあげたい。
ここまで書いてこの短編を理解しました。
この小説自体が、ピンチに陥った子どものヘルプになります。
「雪の降る道」小説現代増刊号「メフィスト」2005年1月号)
小学校二年三組のクラスメイト「みーちゃん」と「ヒロ」の物語。病気で学校を休みがちな「ヒロ」と、彼を見舞いに来る「みーちゃん」
「ヒロ」の不器用さにいらいらしながら物語を読み進むのですが、子どもは気付く。そして成長する。と言う事を読者である僕が気付きました。
この物語の最後は、「エピローグ、またはプロローグ」として、他の物語へと繋がっていきます。

2009年1月7日
No.510