受動態

Daniel Yangの読書日記

No. 549 ムーミン谷の彗星/ヤンソン 著 を読みました。

新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

 

 青い鳥文庫もあります。

ムーミン谷の彗星 (新装版) (講談社青い鳥文庫)
 
トーベ・ヤンソン(Tove Marika Jansson 1914/ 8/ 9 ~ 2001/ 6/27 スウェーデンフィンランド人)ムーミンシリーズ二冊目の本。原題は「彗星(Kometjakten (フィンランド語:Muumipeikko ja pyrstötähti) )スウェーデン語で書かれたもので、1946年にフィンランドのソーダーストロム社(Söderström & Co)から出版されました。ちなみに、ソーダーストロム社は、ムーミンシリーズの三冊目以降を出版したシルト出版社(Schildts Förlags Ab)と2012に合併し、"Söderström & Co"となったそうです。1950年代に英訳され1959年「Comet in Moominland」として出版され、トーベ・ヤンソンは作家として世界中に名を知られるようになりました。
その後ムーミン関連小説は、1970年まで執筆され、全9話が揃いました。

 

本書(僕の手元にあるのは、1978年10月発行の最初の講談社文庫版)は、1968年から刊行開始された講談社トーベ・ヤンソン全集」の第七回配本を文庫に収録したものです。
1968年の秋にトーベ・ヤンソンが改稿出版されたのを待って訳しています。英語版ムーミンウィキによると、改稿箇所はわずかであり、例えば絹サル(the Silk Monkey character)が子ネコに変更された程度と言うことです。
訳したのは下村隆一(1928~1969/11)。残念ながら訳者は、本書の初版が1969年1月に出版された同じ年の年末に不慮の自動車事故で急逝されています。
本書には、
下村隆一の初版への「解説」1969年1月24日と、
全集を刊行した山室静(1906/12/15 ~ 2000/ 3/23)による「附記」
が並録されています。
「解説」では、1968年秋の改稿版を翻訳したものであることがヤンソンに伝わり、喜ばれていることが記されています。
「附記」では、下村隆一を惜しんで彼の略歴も紹介されています。

 

全体を通して、ムーミントロールとスニフが、ムーミン谷の周囲を探検し、舞台を読者に示す役割を果たしている第二作です。
物語は、前作「小さなトロールと大きな洪水」の最後に流れ着いたムーミン谷で、生活を始めたばかりのムーミン一家のようすから始まります。
が、じゃこうねずみムーミン屋敷を訪ねて異変を告げると、怯えたムーミントロールとスニフは引きこもろうとします。
「かわいい子には旅をさせろ」
と、ムーミンパパとムーミンママが相談して、二人を
「それなら、異変の大本である彗星を観測出来る天文台に行かせてやろう。」
と親の薦めで旅に出ます。
旅の途中で、スナフキンと合流し、スノークのお嬢さんとも出会います。

 

のんびりとした天文台への旅行でしたが、いよいよ彗星が近づいてくると、あわただしくなってきます。
後半は、迫る彗星の影響で強い風が吹いているムーミン谷を避難する登場人物(妖精)たちの様子が描かれます。
平穏な時よりも、危機が迫る時のほうが、人の本性がよく現れるものです。
沈着冷静なスナフキン
トラブルにも機転を利かせて対処するムーミンママ。
事故があっても、スノークのお嬢さんに優しさを見せるムーミントロール。
最後は一緒に彗星の接近に備えるムーミン谷の仲間たちが、読んでいる僕にとっては楽しそうに見えた物語でした。

2014年 1月15日
No.549