受動態

Daniel Yangの読書日記

No. 553 小さなトロールと大きな洪水/ヤンソン 著 を読みました。

小さなトロールと大きな洪水 (講談社文庫)

小さなトロールと大きな洪水 (講談社文庫)

 

 Kindle版もあるようです。

トーベ・ヤンソン(Tove Marika Jansson 1914/ 8/ 9 ~ 2001/ 6/27 スウェーデンフィンランド人)ムーミンシリーズ最初の本です。原題はスウェーデン語で"Småtrollen och den stora översvämningen" (フィンランド語:Muumit ja suuri tuhotulva)スウェーデン語で書かれたもので、1945年にフィンランドのソーダーストロム社"Söderström & Co" 2012~「シルト&ソーダーストロム」 "Schildts & Söderströms" から出版されました。本書講談社文庫21世紀版ムーミンの本)の訳者あとがき(青い鳥文庫版への「訳者あとがき」)によると、初版は表紙をいれても48ページにしかならない小冊子で、本屋さんにも置いてもらえずキオスクや新聞スタンドにならべられ、それっきりとなったそうです。ようやく再版されたのが1991年。著者77歳の年でした。

日本では、早くも翌1992年6月に冨原眞弓の訳で、1990年に配本されていた講談社ムーミン童話集全八巻の別巻として追加されました。
小さなトロールと大きな洪水 (ムーミン童話全集)

小さなトロールと大きな洪水 (ムーミン童話全集)

 
その後、1999年に講談社青い鳥文庫に収められました。
小さなトロールと大きな洪水 (講談社 青い鳥文庫)

小さなトロールと大きな洪水 (講談社 青い鳥文庫)

 

 

僕が読んだのは、あらためて21世紀版ムーミンの本として、2011年4月から、9月までに刊行された新装版講談社文庫の最後の配本です。
ほぼ全ページに挿画が配された本編は98ページまで。
これに、
  • 1999年2月15日 青い鳥文庫版への「訳者あとがき」、
  • 訳者による、長い解説「ムーミン谷の魅力 9『小さなトロールと大きな洪水』始まりの予感」
が付録されています。
新装版講談社文庫のシリーズでは、冨原眞弓が、全9巻に解説を寄せているようです。

 

日本人にとって幸運だったのは、ムーミンシリーズ最初の本書が、トーベ・ヤンソンによって再版された際に、冨原眞弓がいたことだと思います。
1991年当時、第二作「ムーミン谷の彗星」
新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

 
第五作「ムーミン谷の夏まつり」
新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文庫)

 
を訳した下村隆一は既に亡くなっており、第三作「たのしいムーミン一家」
新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

 
第六作「ムーミン谷の冬」
新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)

 
第七作「ムーミン谷の仲間たち」
新装版 ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫)

 
を訳した山室静、第四作「ムーミンパパの思い出」
新装版 ムーミンパパの思い出 (講談社文庫)

新装版 ムーミンパパの思い出 (講談社文庫)

 
第八作「ムーミンパパ海へいく」
新装版 ムーミンパパ海へいく (講談社文庫)

新装版 ムーミンパパ海へいく (講談社文庫)

 
を訳した小野寺百合子は、共に八〇歳を超える高齢になっていました。
僕は、後に出版される「ムーミン谷へようこそ~いつでも、だれでも、好きなだけ」冨原眞弓著ベストセラーズ 1995/12)
を旅行先のホテルで見つけて、読み囓っただけなのですが、トーベ・ヤンソンと面識があり、訳の補助を受ける事が出来た日本人は、他にいなかっただろうと思うのです。
そして、埋もれていた幻のシリーズ第一作が本国で再版された翌年に世界に先駆けて和訳され、日本で出版されました。

 

本編のおもな登場人物は、ムーミントロール(いわゆる「ムーミン」)、ムーミントロールのママ、スニフの三人です。三人が、ニョロニョロとともにどこかに行ってしまったパパを捜しながら大洪水の中を冒険します。
途中チューリップから生まれた女の子の妖精「チューリッパ」、灯台守の赤い髪の少年と出会います。
最終的には、ムーミンパパが、家族と離れて建てていたムーミン屋敷が大洪水で流されてムーミン谷に落ち着き、家族とも合流してハッピーエンドを迎えます。

 

家族で一致団結して、と言うわけではなく、(ムーミンパパは、物語の最後で合流します。)
また、徐々に集まって結束の堅いチームを作るのでもなく、(チューリッパは、赤い髪の少年のところに留まり、冒険から外れます。)
その時々にいる妖精、手元にある道具で、ハプニングを乗り切っていく物語は、いかにも戦時中の困難の中で執筆されたことを物語っています。(本作は著者の祖国フィンランドソ連の侵略に抵抗して激しい戦闘を強いられた冬戦争を戦っている最中に執筆されました。)
自然の中で生きると言うことは、こういう事かも知れない。
ムーミンシリーズは、こうして幕を切って落とされました。

2014年 1月15日
No.553